HOME >> お知らせ

お知らせNEWS

教室開校の由来

仙台の皆さんとの「絆」で生まれたお教室

東日本大震災の後、講師の楊雪は演奏者として、
幾度も仙台に訪れ、被災地の仮設などで慰問演奏をしました。

そんな慰問活動の中、2013年5月3日。
車には被災地の皆さんへのプレゼントを乗せ、日もまだ昇らない時間に東京から出発、
車で仙台の演奏場所へ向かう、途中大渋滞に巻き込まれました。
みるみるうちに時間が過ぎ、演奏予定時間をだいぶ過ぎての到着。
そんな状況にもかかわらず、会場では誰一人として帰らず、みんな二胡を聴き、また楊雪に会うために、
待っていてくださいました。
楊雪の演奏に皆さんは涙を流し、楊雪のトークに笑いが起こり、幸せな時間が流れていきました。
演奏後二胡を体験した方が演奏を習いたいとおっしゃってくださいました、
音楽、二胡を楽しむことで、元気や癒しを感じてほしい。
そして、仙台の皆さんとの絆を大切にしたいという楊雪の想いで、
2013年5月から定期的に東京から仙台へ出向き、二胡のレッスン、慰問演奏を続けながら現在に至ります。
現在では仙台の生徒さんのみならず、他県からも生徒が集う賑やかで暖かなお教室です。
現在では生徒さん達が練習に励み、2016年の東京大塚教室の発表会にも仙台から出向き、参加すると意欲的です。
「絆」によって生まれたお教室は2016年2月より正式に「日本二胡学院仙台教室」として名前をつけ、
これからも楊雪が東北、仙台との絆を深める場所として頑張っていきます。

MENU